・時事ネタの広いどころ
時事ネタを元に、家族と会話することが日課なのですが、
①80歳代の母は、主にTVと紙新聞
②私はインターネット、動画、書籍など
情報の真逆で、分断しているかのように見える構図。

・じぶんち会での勢力図
私が生計を親に頼っていた時代や大人になっても親に従っていたころは、母親が戦略、私が戦術担当のようなものでした。
うちでは、ある程度は自由度があったため、戦略と戦術を1人が担当するということはありませんでした。

この戦略と戦術の組み合わせは結構重要です。

ある家では、父親が戦略と戦術を担当しているため、母親はその決められた戦術をその通りにやっていました。
うまくいかなくなると、「あなたが決めたとおりにやってうまくいかなかったのだから、私には責任ありません」と発言し、父親は母親が従っている中で、不具合があれば言ってほしかったと嘆き喧嘩していました。

またある家では、父親が戦術を担当し、母親が戦略を考えて家庭を運営していました。
戦略の如何で、戦術を変更するなどして、うまくやってこれました。

またまたある家では、母親が戦略と戦術を担当し、父親がお小遣いも決められ、ただ仕事をしに行っていました。
そのうちマスオさんは、突然豹変し、家族を捨てて出て行ってしまいました。

そのまたある家では、父親が戦略を担当し、母親が戦術を考え、やっていました。
滑り出しはうまくいっていたのですが、そのうち、いくら戦術を変えてもなかなかうまくいきませんでした。
父親の感覚が情報陳腐状態で、現状に合わなかったのです。

さて、現在は、戦略と戦術は一応私が考えていますが、戦略決定会議には、構成メンバーである皆が同席して、時事ネタ踏まえ意見交換して、今後のじぶんちの進路を決定しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。